イベントとリマインダーを追加するには

自然な言葉を使って

Fantasticalでは話すように自然な言葉を使ってすばやく簡単にイベントとリマインダーを入力できます。“+”アイコンをタップするとイベント作成画面が表示されますので、話すようにイベントやリマインダーを入力してください(以下の例をご参照ください)。“追加”をタップすると新規イベントやリマインダーを作成できます。

入力する際のヒント

Fantasticalの自然な言語エンジンは驚くほどパワフルで、しかも柔軟性に富んでいます。普段話すように入力内容を書くと、あっという間にイベントやリマインダーに変換されます。

カレンダーまたはリマインダーリストを特定するには

入力内容の冒頭または最後にスラッシュ(/)を入力して、その後にカレンダー名またはリマインダーリストの最初の文字を入力すると、特定のカレンダーまたはリマインダーにイベントやリマインダーを追加することができます。例えば、“/プ”と入力すると、“プライベート”と名付けられているカレンダーに、“/仕”と入力すると、“仕事”というカレンダーに切り替わります。同じ文字で始まるカレンダーやリマインダーが2つ以上ある場合は、その次の文字を入力してください。

リマインダーを作成するには

入力を開始すると、Fantasticalは自動的にカレンダーイベントを作成し始めます。リマインダーを作成したい場合には、新規イベントの入力フィールドの左の切り替えスライダーをタップすることで、リマインダーに切り替えることができます。

また、入力の冒頭に“リマインダー”、“todo”、“タスク”という言葉を入力することでも、リマインダーに切り替えることができます。

新規リマインダーを作成する際に、リマインダーの最後に感嘆符(!)を追加することで、簡単に優先順位を設定できます。感嘆符が多いほど優先順位が高くなります。

例文

以下はFantasticalの入力に使用できる例文です:

  • 木曜日5pmに渋谷で買い物

  • 毎週火曜6時にサッカーの練習

  • 8/19-8/23 家族旅行

  • 毎年5/16さとるの誕生日

  • 1/21-2/23 17:00-18:00 毎週火曜日と木曜日ピアノレッスン

  • 毎週火曜日ランチ 2/5まで

  • プロジェクト期限 8/15

  • タスク 木曜までに重要案件を完了!!!

特定の日付にイベントを作成するには

DayTickerまたは月表示の日付をタップしたまま長押しすると、その日に新規イベントを作成できます。同様に週表示の時刻をタップしたまま長押しすると、その時刻に新規イベントを作成できます。

場所を調べるには

イベントを作成する際に、“詳細” をタップすると、場所の入力フィールドが表示されます。グレーの矢印をタップすると、場所を検索したり、連絡先に関連する場所を追加することができます。

イベントに電話番号を追加するには

場所の入力フィールドに電話番号を追加すると、受話器アイコンが表示されます。タップすると直接電話をかけることができます。会議電話のコードを追加するにはセミコロンまたは“code”を入力してください。 (例:0312345678;1234 または 0312345678 code 1234)

連絡先をイベントに招待するには

イベントを作成する際に、“詳細” をタップすると、予定出席者の欄が表示されます。メールアドレスを追加したり、連絡先Appにある連絡先を検索して、イベントに招待することができます。

イベントを共有するには

直接イベントに出席依頼せずに誰かとイベントを共有したい場合には、イベントを長押しして“共有”ボタンをタップすると、メールでイベントを共有することができます。

下書き機能を使用するには

下書き機能を使うと、現在作成中の項目を保存してカレンダーで他の何かを確認してから、イベントの作成に戻ることができます。入力フィールドを下に引く(新規項目を作成中)、または赤いヘッダを下にスワイプする(新規項目の詳細を表示している場合)ことで下書きを保存できます。 複数の下書きを作成することも可能です!

出席依頼に応答するには

イベントへの出席依頼が送信されると、Fantasticalのメイン表示の上に受信アイコンが表示されます。このアイコンをタップすると、保留しているイベントの出席依頼に応答することができます。