カレンダーセット

Fantasticalには、表示したいカレンダーを選択して“カレンダーセット”を設定できる画期的な機能があります。“カレンダーセット”は目的に応じて表示したいカレンダーを複数選択してセットにしておけるので、すばやく切り替えることができ、その時々の必要や目的に応じて関連するカレンダーのみを表示することができます。

ビデオ:カレンダーセット

最初に開くと、“自分のカレンダーセット”と呼ばれるカレンダーセットが用意されています。リストからカレンダーをチェック、またはチェック解除して目的に合わせたセットを作成してください。すぐに新規のカレンダーセットを追加することもできます。

Preferences calendars

新規のカレンダーセットを追加するには、+ 左パネルの下にある "+" ボタンをクリックします。新規カレンダーセットを選択すると、利用できるカレンダーが右パネルに表示されます。セットが選択された時に表示したいカレンダーにチェックマークを入れてカレンダーセットを完成してください。

カレンダーセットを切り替えるには

Fantasticalのミニウインドウまたはフルカレンダーウインドウのカレンダーセットメニューから、使用したいカレンダーセットを変更することができます。また、キーボードショートカットを使ってカレンダーセットをすばやく切り替えることもできます。「⌃1 (controlキー + 1) 」で「すべてのカレンダー」に切り替わります。それ以降は、それぞれのカレンダーセットに割り当てられています (例:⌃2, ⌃3、など)。

Change set

カレンダーセットを複製するには

既存のカレンダーセットを基にカレンダーセットを作成したい場合は、カレンダーセットを複製すると便利です。カレンダーセットを“Control-クリック”または“右クリック”して 複製 を選択してください。その後、新規のカレンダーセットに名前を設定してカスタマイズすることができます。

Duplicate set

カレンダーをすばやく有効/無効にするには

カレンダーをまとめてすばやく有効/無効にしたい場合

  • optionキーを押したままカレンダーのチェックボックスをクリックすると、アカウント上のすべてのカレンダーを1クリックで有効または無効にできます。
  • optionキーとshiftキーを押したままカレンダーのチェックボックスをクリックすると、チェックしたカレンダーのみが有効になり、その他すべてのカレンダーは無効になります。

デフォルトのカレンダーとリマインダーリストを上書きするには

特定のカレンダーセットを使用中、デフォルトで使用したいカレンダーとリマインダーリストをカスタマイズできます。デフォルトでは、Fantasticalの環境設定の「一般」で選択されたデフォルトカレンダーとリマインダーリストを使用しますが、個々のカレンダーセットでこれらの設定を上書きすることができます。

Override default

この機能が便利な一例:“スポーツカレンダー”というカレンダーセットではデフォルトカレンダーをスポーツ関連のカレンダーに設定しておく。

場所を基にしたカレンダーセット

Fantasticalは、指定した場所を出発、または到着した時に、自動的にカレンダーセットを切り替えることができます。例えば、“仕事”というカレンダーセットを作成してオフィスに到着した時にはそのカレンダーセットを有効に、“プライベート”というカレンダーセットは自宅に到着した時に有効にする、というように設定しておくことができます。

Location based set