移動時間と出発時刻の通知

ビデオ:移動時間

出発時刻の通知

Fantasticalは、次のイベントに到着するために要する時間に基づいて出発時刻を自動的に通知します。自動の出発通知を無効にしたい場合は環境設定の「通知」を利用してください。1つのイベントの出発時刻の通知を無効または有効にするには、通知を“出発時刻”から“なし”に、または“なし”から“出発時刻”に変更してください。出発時刻の通知はMacの現在地に基づいて、次のイベントの場所から3時間圏内にいる場合に表示されます。

新規イベントに出発時刻の通知を受け取りたい場合、正確な場所が設定されていることを確認してください。例えば、イベントがゴールデンゲートブリッジである場合、“ゴールデンゲートブリッジ”と入力して、場所の候補からゴールデンゲートブリッジを選択してください。候補から場所を選択しないと、出発時刻の通知を受け取ることはできません。

Choose a location suggestion to receive time to leave notifications

移動時間をスケジュールする

スケジュール管理を円滑にするためにイベントへの移動時間を設定することができます。詳細を表示する矢印をクリックして、移動時間のポップアップメニューから移動時間を設定してください。Fantasticalは自宅、勤務先、または最後のイベントから目的地までの移動時間を表示します。目的地までにかかる時間を把握している場合には、移動時間を手動で設定することもできます。

自宅および勤務先の住所は連絡先Appの“マイカード”に設定されています。“マイカード”がない場合は、“連絡先”を使って設定してください

Set travel time for an event to aid with scheduling

移動時間を設定すると、その時間は日表示と週表示でブロックされます。

View travel time in the Day and Week views

移動時間の出発地点を選択する

Fantasticalは自宅、勤務先、または最後のイベントの場所から移動時間を計算します。次のイベントの3時間圏内にその前のイベントがある場合、Fantasticalはその前のイベントの場所を出発地点として使用します。それ以外の場合、Fantasticalは環境設定の「一般」で設定されている1日の開始時間と終了時間内であれば勤務先を出発地点として使用します。イベントが1日の開始時間と終了時間外、週末、または勤務先が指定されていない場合、Fantasticalは自宅を出発地点として使用します。

出発地点を一時的に自宅または勤務先の住所に切り替えるには、移動時間のポップアップをクリックしてoptionキーを押してください。Fantasticalが通常自宅を使用している場合は勤務先に、勤務先を使用している場合は自宅に切り替わります。